“2019年度 調査研究活動の進め方について(素案)” への2件の返信

  1. Willing to Pay情報が得られないものでしょうか。あれば分析が格段に進むようにも思います。

    1. 桜田様
      コメントありがとうございました。
      ご意見を参考にしながら、検討を進めさせていただきます。

      引き続き、宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です